bo-bi第2弾 マフラー型マスクファンド

マスク着用習慣のない海外ニーズに対応、デザインと機能を備えたマスク一体型マフラープロジェクトです。

ファンド概要

営業者名:
株式会社くればぁ
代表者:
中河原四郎
所在地:
愛知県豊橋市
デザイン対象:
高性能マスクブランド「bo-bi」シリーズの新商品等
資金使途:
高性能マスクブランド「bo-bi」シリーズの新商品の開発費、材料費等
一口金額:
21,600円
投資家特典:
割引券3,000円相当

 

nendoコメント

日本においてマスクは衛生や予防目的で多用されていますが、海外では特別な病気のときに着用するものというイメージが強く、日常でマスクを着用する習慣がありません。そのため、大気汚染のある地域では、ネックウォーマーやマフラーで口や鼻を覆う対策を取る人が多く、なかなかマスクの機能を体感するきっかけがないのが現状です。また、国内やアジアなどのマスクをする習慣がある地域においても、外出の際にマフラーとマスクを同時に着用する煩わしさや、「いかにもマスクをしている」という見た目の改善案が求められています。こういった国内外の需要がに応えるかたちでマフラーとマスクが一体化された商品をデザインしました。

一見するといたって普通のマフラーですが、裏に高機能メッシュフィルター用のポケットを設置し、フィルターの取りはずしができるようになっています。フイルターは、粉塵やウィルスの除去、放射線のカット、消臭機能や湿度を保持する機能など、様々な用途を持った10層のメッシュが組み合わされており、100回以上洗って使うことができます。マフラーの素材は、表面は肌ざわりが良いカシミアを、裏面は静電気を抑制する特殊加工を施したフリース生地の2種類で構成しています。2枚を縫い合わせる際にステッチを縦に走らせることで、シンプルな中にもさり気ないディテールが特徴的なマフラーになっています。






ファンド詳細を見る

ファンド詳細を見る ※ミュージックセキュリティーズ(株)のサイトに遷移します。

480,000

最大募集金額2,640,000円

終了日 18% 終了まで
出資者数 20 131